トーク&ライブ終演いたしました!

19ブルームードで開催された「近野桂介トーク&ライブ MC立花裕人」は、当日お客様も来てくださり、ライブ配信でもたくさんの方に観ていただきながら、無事に終演いたしました。



第一部はカンツォーネであるタリアフェッリ作曲の情熱から始まり、

トークからのレ・ミゼラブルよりマリウスが歌うカフェソングを弾き語り

その後、團伊玖磨作曲の旅上、瀧廉太郎作曲の、山田耕作作曲のこの道松島音頭と日本歌曲を歌わせていただきました。

第二部はトスティ作曲のかわいい口もと、フォーレ作曲のネル、アーン作曲の牢獄、プーランク作曲のパリへの旅、ビゼー作曲の君の心を開いてくれを歌わさせていただきました。

今回すごく感じたことが、トークをしながら歌うのはとても頭を使うことだということです。歌って、すぐに自分の生い立ちをMCの方とお話しし、すぐに演奏モードに入り曲の世界に入らなければならない。コンサート終演後は喉の疲れではなく、頭痛うが酷かったです😂笑

そして、今回はライブ配信も兼ねての開催だったのですが、実際に来てくださっているお客様は目に見えますが、その他に観てくださっている方がいる!ということがどうしても想像することができず、なんともいえない緊張感がありましたが、終演後に観てくださっていたお客様からメッセージをいただき、改めて会場以外のお客様が観てくださっていたんだなと感じることができました。

よくテレビのコメンテーターの方や、ゲストの方などスタジオ内にいる方々だけではなく、テレビで見ている視聴者の方々にしっかりと伝わるようにお話ししているのは本当に凄いことなんだなと今回のコンサートを通して改めて感じました。

ご来場いただいたお客様、配信を観てくださった皆様、そしてブルームードのスタッフの皆様本当にありがとうございました😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です